住宅メーカーについて詳しくご紹介します!

本サイトでは住宅メーカーを利用するに当たっての豆知識を紹介します。
家造りは分からないことが多く、特に初心者にとっては不安材料もあります。
ここではそんな人のために有益な情報を多く紹介しています。
具体的にはよくあるトラブルの事例を紹介した後、リフォームしやすい家について紹介します。
そして、防災を意識したハウスメーカー選びについてや無垢材を売りにしたハウスメーカーのメリット、分譲住宅の特徴を紹介します。

住宅メーカーでよくあるトラブルとは?失敗例を知って事前に対策

住宅メーカーでよくあるトラブルとは?失敗例を知って事前に対策 住宅メーカーは今では非常に多くあり、上質な家造りを提供しているという点で人気となっています。
しかし、その一方でトラブルもあります。
住宅メーカーでよくあるトラブルとしてまず挙げられるのが、アフターサービスが悪いという点です。
せっかく理想的な家を建築したのに、完成後不具合があってもなかなか対応してくれない、といったケースがあります。
こうしたことから、アフターフォローの体制については前もってしっかりと把握しておく必要です。
また、見積金額があいまいであったためにトラブルが起こったというケースもあります。
当初は提示された見積金額に納得したものの、その後追加費用を請求されて、終わってみればかなりの金額になったというものです。
提示された見積金額は確定したものなのかといった確認はもちろんのこと、提示された見積書の内容をきちんとチェックしておくことも大切の対策となります。

欠陥住宅が多い住宅メーカーを選択しないようチェックする必要があります

欠陥住宅が多い住宅メーカーを選択しないようチェックする必要があります 欠陥住宅が多い住宅メーカーを回避するためには、工事監理者の目が行き届く施工体制が整っており、構造見学会に参加することができる住宅メーカーを選択する必要があります。
施工体制については、契約の受注者と施工者が同一の企業でない場合は責任意識が生じにくく、手抜き工事となる可能性が高くなります。
工事監理者に関しては、知識がない名ばかりの人物が監理者となる場合があるため、注意しなくてはなりません。
経験や知識がない人物が監理者である場合は、工事に対して目を配ることができないため、職人が指示に従わず手抜き工事となる可能性があります。
設計士や現場監督、工事管理者も重要な人物となります。
設計士に関しては建築士の資格をもたない人物が仕事に携わっている場合があり、場合によっては構造に問題がある住宅が建てられる可能性があるといえるでしょう。
現場の指揮官となる現場監督については、持つべき資格として建築施工管理技士や建築士等があげられますが、厳密には建築の資格を所有する必要はありません。
資格があると適任者として認識しやすいといえるでしょう。
工事が行われていることを確認し監理する役割である工事管理者も重要な役割を果たすため、適任者であるかチェックしておく必要があります。
構造見学会に関しては、参加すると住宅メーカーの仕様を確認することができ、使用されている配管の種類等隠れてしまう部分を自分の目で確認することができます。
断熱材の施工方法等も質問することができますが、欠陥は見えないところで発生するため隠れる部分が重要となります。
隠れる部分も見せて説明も行う企業は信頼することができるといえるでしょう。

住宅メーカーに関する情報サイト

住宅メーカー